日本でのハンコの重要性や4mmサイズハンコの需要について


印鑑51

書類の電子データ化や直筆のサインが広まった現在でも、ハンコは書類の内容に同意したことを示す印として普及しています。ハンコは法的な効力が強く、多くの公的な書類には捺印が必須とされているのも事実です。また、氏名や役職名、勘定科目などを記した一行ハンコも事務作業の必需品になっています。

ハンコの重要性を正しく理解するためにも日本におけるハンコの歴史や普及した理由、サイズごとの違いについて学びましょう。

外国から伝わったハンコが日本固有の文化になった経緯

書類にハンコを押して内容に同意したことを示す慣習は日本固有とされています。他の国ではほとんどの場合、本人が氏名をサインするのが普通です。中国や韓国など一部の国ではハンコが使われていますが、あくまでも儀礼的な意味に過ぎません。

法律上の明確な効力をハンコに持たせているのは日本だけです。しかし、ハンコは日本起源ではなく、古代のメソポタミア文明やエジプト文明のころから使われていたとされています。当時のハンコは指輪のような形状で、王様など一部の有力者だけが所有できる物でした。

富と権力を示すステータスアイテムとしての意味合いが強く、現在のような実用品としての用途はなかったとされています。日本最古のハンコと言われているのが古代中国の後漢王朝から贈られた金印です。この金印も実用品ではなく、所有することが目的のステータスアイテムでした。

金印を持つ者は後漢王朝の配下であるという意味を持ち、宝物のように扱われていたとされています。ハンコが実用品として使われるようになった時代は定かではありませんが、平安時代には貴族が管理する書類にハンコが押されていたことが分かっています。

また、武士が雇い主の貴族に宛てた嘆願書にもハンコが押されていました。捺印することでハンコを持つ本人がたしかに書類の内容を確認した証明として扱ったのです。しかし、ハンコは作るのが難しいことから、当時はまだ一部の有力者だけが所有できる貴重品でした。

ハンコが庶民の間で広まったのは江戸時代になってからです。ハンコ作りの技術が進歩し、安価な素材も普及したことから誰でもハンコを持つことができるようになりました。また、当時は文字が読めるが書くことはできない人が一定数存在していました。

そのような人がサインの代わりにハンコを押すようになったのも広く普及した理由の一つです。明治時代になってから初めて、ハンコに法的な効力があると正式に決まりました。それまでは一部の地域を治める有力者のローカルルールに留まっていたハンコの効力が、明治政府によって初めて全国一律の決まりになったのです。

日本人の暮らしにハンコが深く関わるようになったのもこの頃からとされています。古くから続いてきたこと、国の法律で決められたこと、そして便利なことが日本社会でハンコが固有の文化として定着した理由と言えるでしょう。

国によって違うハンコ事情と日本での動きを知っておこう

ハンコの効力は所有者の意思より優先される

ハンコは無暗に他人へ預けてはいけないとされています。これは捺印の事実に強い法的な効力が設けられているためです。誰がハンコを押したかではなく、捺印されている事実が優先されます。そのため、第三者が勝手に捺印してもほとんどの場合、ハンコの所有者にすべての責任が生じるのです。

親族を含む他人には決して自分のハンコを渡さないのがトラブルを避ける必須条件と言っても過言ではありません。また、ハンコの数が多いと管理が大変な他、悪意を持った第三者に持ち去られるリスクが増大します。必要最低限の数に留めるのがトラブルを避けるコツです。

ゴム印は法的な効力を持たない使い捨てのハンコ

ハンコには様々な種類がありますが、大別すると法的な効力を持つ物と持たない物があります。このうち、効力を持たないハンコは印面が柔らかいゴムで作られているゴム印がほとんどです。ゴムは指で押しただけで曲がるほどやわらかく、捺印の際に力を入れると文字が潰れることもあります。

印面が容易に変形することから、ゴム印は実印としての印鑑登録ができません。印面の形状が不変であることが印鑑登録の条件になっているためです。また、実印以外の認印としての効力も持たないので、公的な書類には使用できないのが普通です。

ゴム印は荷物の受け取り伝票や出席簿の確認など、私的な事柄に使うのが一般的です。また、一行ハンコと呼ばれる横長のハンコもその多くがゴム印です。一行ハンコは名前の通り、文字などが一行に彫られているハンコです。

氏名や役職名、簿記の勘定科目などを記す手間を省く目的で使われることが多く、安価な木材やプラスチックで作られた持ち手に文字などが刻まれたゴムを貼り付けた形状になっています。製造コストが低く、量産が可能なことから事務の仕事で重宝されています。

一方でゴムの印面は摩擦に弱く、何度も使っているうちにすり減ってしまうのが欠点です。そのため、一定期間ごとに新品と交換するのが普通になっています。

4mmハンコの利点と注意点

印鑑60

一行ハンコの中でも4mmサイズはかなり小さい部類です。用紙のサイズなどで若干の違いはありますが、書類に記載される文字の大きさは1センチ前後が平均値です。そのため、半分以下のサイズである4mmはあまり需要がないように思えますが、記載欄が狭い書類や特定の漢字のふりがななど、小さい文字の方が便利なケースも少なくありません。

安価なチラシなどは用紙のサイズが小さいので、記載する文字も用紙に合わせて小さくなります。

そのような場合、4mmハンコのような小さいハンコの方が使い勝手が良いと言えるでしょう。その反面、文字が小さいと捺印の際に印面が潰れやすいことから慎重に扱う必要があります。

小さいハンコほどお手入れをこまめに行う理由と正しい方法について

印面が小さいハンコは少しの汚れでも文字の潰れが生じてしまいます。文字が潰れた状態で捺印しても読むことができないので、ハンコとして正しく扱うにはこまめなお手入れが欠かせません。ゴム印の一行ハンコの場合、わずかに水を含んだ柔らかい布で印面を撫でるように拭き取り、風通しの良い日陰で乾かします。

こうすることでゴム印や持ち手を傷めずに汚れだけを取り除くことが可能です。

はんこの普及と日本の文化との関係

4mmサイズのハンコは丁寧な扱いが必須

4mmサイズの一行ハンコは記載欄が狭い書類やサイズが小さい書類への捺印に適しています。役職名や勘定科目などを効率的に記載できるのが一行ハンコの利点ですが、安価なゴム印が多いので寿命が短いのも事実です。定期的な買い替えが必須ですが、良好な状態を保つには印面の汚れをこまめに取り除くなどお手入れを正しく行うことを忘れてはいけません。